シャオメイ

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2007年7月11日 (水)

呪われた町

うおぉぉ、本屋にいきたーい!

大好きな作家、小野不由美の「屍鬼」が、スティーブン・キングの「呪われた町」のオマージュ作品と知ってしまい。。。もう、呪われた町が読みたくて仕方ない。

今から古本屋はしっちゃおうかなぁ。うーん、ダメダメ。夕飯の支度しなくちゃー(TεT;)

2007年1月31日 (水)

キモノ本

キモノ関係の本が読みたくて図書館通いしている。今日借りた本はこちら・・・Sany0009_1

中でも昭和モダンキモノはとても綺麗でスラスラと眺めて、あっという間に読み終わってしまった^^今は宮尾登美子さんのきものがたり。

前回借りた本は写真を撮り忘れてしまったけれど・・・

幸田文さんの「きもの」、娘さんの青木玉さんの「きものあとさき」、壇ふみさん「壇流きものみち」、大橋歩さん「着物は楽しい」 と、あと織りや染めの種類を紹介する本だった。

中でも幸田文さん、青木玉さんの本はすごく良かった~o><o 是非、幸田文の箪笥の引き出しも読みたい! 次回図書館に無かったら本屋にいってしまいそう(笑)

2006年10月23日 (月)

BOOKOFF

今日は図書館がお休みだった~;;月曜日だということを失念していて、幼稚園の帰りに寄って返却&貸出~と思ったのに。で、そのままBOOKOFFに走った。

図書館で借りたかった本は・・・ジェフリー・ディヴァー、加納朋子、法月倫太郎あたり。そのあたりを物色するも、ジェフリー・ディヴァーは全然ない!かろうじて、加納朋子は一冊、法月倫太郎は3冊くらい。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

加納朋子は全般的に軽めの本なので、あっという間に読んじゃうだろうし。法月倫太郎も一冊買って置こう。あ、こんなところにクラークが105円だ!と言うわけで、3冊購入^^

あと子ども用に学研ポピーの教材が3ヶ月分あったのがおもしろそうだったので購入。

帰宅して子どもとさっそく教材はやってみたけど、あっさり30分くらいで終了。たのしかった('-')さて、加納朋子読み始めよーっと。

2006年10月19日 (木)

ななつのこ

今日読んだ本^^ ななつのこ 加納朋子

ミステリーが苦手でも読めちゃうのではないかな?主人公と一緒に日常を過ごして、なんだか自分が女子高生くらいの年齢に戻れた気がしました。ほんわか温かい気持ちになれる読後がすごく良い作品でした(*^_^*)この作家さんは読んだことなかったので、続けて読みたいな~と思いました。また図書館で借りてこよう!

2006年10月18日 (水)

毒になる親

最近、上の子にしまじろうのワークをやらせていると、私が何故か無性にいらいらしている。勉強の出来不出来に関係なく、はじめたとたんイライラしてくる。ナンだか変だなぁ~、どうしてこんなイライラ?と考えていた。

思い当たる事があったので今まで買わずにいた↑の本を買って読んでみる事に。読んでる間、かなり苦しかったけれど、やっぱりイライラの根っこは「親」だった。本に書かれていることをすべて実行することは出来ない。でも本に薦められていたとおり、紙に書き出していくと、自分がどう感じて、どう思って、どう考えているかはハッキリわかった。

そして自分のイライラの根がわかると、上の子のワークをやらせても「無性にイライラ」しなくなった。私が落ち着いたら、自分でどんどんワークをやるようになった。もっと早くこの本を読めばよかったな。今後もこの本は時々読み返そう。

2006年10月 6日 (金)

乙一

すばらしい~!ひきこまれて、ドンドン読んでます。さいきん小野不由美とか、ちょっと怖くておもしろい(?)系にはまっているのかも(笑)

最近読んだなかでおもしろかったのは、アンソロジーなのだけれど「贈る物語」三冊あって、宮部みゆき、綾辻行人、瀬名秀明の三人が編集をしている短編集です。その中でも宮部みゆき、綾辻行人のが、私はたのしめました。ものすごく入門編な作品が多いのですが、知らない作品もあり、読み返す作品も、途中の解説で新たな発見があったり・・・で、良かった~。猿の手なんて、微妙に違って覚えていたり、で楽しかったです。

乙一、あと5冊!まだまだ楽しめるな~(*^_^*)